卵黄は栄養たっぷりの完全食

卵は栄養満点の完全食

卵の栄養の高さをご存知でしょうか

 

主な栄養成分は脂質やタンパク質です!

 

「人間のからだづくりの材料」のアミノ酸。

 

食品に含まれるたんぱく質の栄養価を示す方法で「アミノ酸スコア」があります。

 

人間の体に理想とされる必須アミノ酸の量に対し、その食品に含まれる必須アミノ酸の割合をだしたものです。

 

卵黄はこのアミノ酸のが100となっています。

 

カロテノイド

 

卵黄の脂質に含まれるカルテノイドは体内で抗癌作用や動脈硬化を予防する作用を発揮することや、脂肪細胞蓄積抑制の作用がわかっています。

 

コリン

 

からだを構成している細胞一つ一つにはリン脂質が含まれ、その重要な成分がコリン。

 

記憶や学習に関わる物質です。

 

コリンを多く取ると、学習能力が25%アップしたという実験もあります。

 

また、アルツハイマー病や認知症などの予防などにも効果があることもしられています。

 

ビタミンB12と組み合わせて摂ると認知症の改善にさらに効果が表れるようです。

 

生活習慣病予防としては、 血管拡張効果による血圧低下、高血圧予防などの効果があります。

 

また、コレステロールや中性脂肪の量を適切に保つ働きがあり、高コレステロール血症や動脈硬化、脂肪肝などの予防や改善にも働きます。

 

レシチン

 

レシチンやオレイン酸は、悪玉コレステロール値を低下させるだけでなく、善玉コレステロール値を増やしてくれる働きもあります。

 

 


にんにく卵黄総合ランキング コスパ比較ランキング