にんにくの効果は?癌や風邪にもきくの?

にんにくの栄養と効果ってこんなにある!

アメリカの国立がん研究所の「デザイナーフーズ計画」(ガンの予防に重要度の高い食品を推奨する計画)では、にんにくが単独でそのピラミッドの頂点にいます。

 

にんにくにはいろいろな研究結果で健康に良い成分やその実験や根拠が次第に明確化されてきています。

 

アリシン

 

にんにくの臭いのもとになっている成分が、アリシンです。

 

肝臓での脂肪代謝を高め、脂肪燃焼を促し、さらに糖質の代謝に必要なビタミンB1の吸収を促進したり、強壮作用、食欲増進、強い抗酸化作用、強い殺菌、抗菌などの作用があります。

 

にんにくの成分であるアリシンがビタミンB1と結合すると、アリチアミンになります。

 

ちなみにビタミンB1は、体内の糖質をエネルギーに変えるときに必要ですから、不足すると、糖質を上手く利用できず、乳酸が増え、疲れやすくなります。

 

欠乏症では食欲がなくなったり、むくんだり、だるい、手足のしびれ、動悸、脚気などの症状がでます。

 

 

ビタミンB1は水溶性ビタミンで、必要量以上は多く摂取しても、尿で排出されます。

 

アリチアミンになると、腸管からの吸収が良く、体内でビタミンB1に戻るため、血中に長く留まっているため血中のビタミンB1の濃度が保たれます。

 

糖を効率よくエネルギーに変えてくれ元気やスタミナが出ます。

 

また、アリシンは脂質と結合すると、脂質アリシンになります。

 

脂質アリシンは、体のさび止めをし、若々しさを保つための抗酸化作用を持ったビタミンEと同様の働きをすることが知られています。

 

アリシンの疲労回復作用

 

滋養強壮と言うと、健康の維持や疲労の回復、ストレスに強いといったことがうかぶと思います!

 

マウスを使った実験では、アリシンを投与した方がマウスの泳ぐ時間が長くなったと報告されています。

 

ジアリルジスルフィドと抗酸化作用

 

ジアリルジスルフィドにんにくを加熱した時のにんにく油の成分です。

 

ジアリルジスルフィどはポリフェノールの一種で、抗酸化作用や抗菌作用がわかっています。

 

アホエンと抗血小板作用

 

アホエンもアリシンを加熱することでできるものです。

 

アホエンにはコレステロールを下げ、血液をサラサラにする効果があります。

 

血液がどろどろになると血栓症や動脈硬化をはじめ、循環器系の病気になりやすくなります。

 

 

ビタミンB6の含有量が食物中トップ

 

ビタミンB6は体内でアミノ酸からセトロニンを作るのに必須の成分。

 

セロトニンが不足すると、うつ病や睡眠時無呼吸症候群、便秘、生理不順、睡眠障害、不安感、ストレスなどの原因になります。

 

学習能力や記憶力にも関わる大切なビタミンです。

 

ちなみのよくアスリートの方などが使用する「にんにく注射」はにんにくが入っているわけではないですよ。

 

あれは、ビタミンB1が主成分の注射でにんにくのようなにおいがするからのようですね。

 

 

 

 

関連ページ

にんにくは昔からパワーの源
にんにくは昔からパワーの源とされてきました。スタミナ食のにんにくの栄養や成分をはじめにんにくの歴史などもご紹介!

にんにく卵黄総合ランキング コスパ比較ランキング